店主ブログ

店主のこだわり

美とは心地良さである。

世の中には色々な美が存在する。風景、人物、絵画、工芸品、音楽など、ありとあらゆる物に美と美でないものがある。数学の方程式にまで美があると言うから奥が深い。

 

そして美の本質は受け止め側の「心地よさ」であると思っている。人の顔やスタイル、気質など心地よいと感じる人と日常的に会ったり見たりするから美が存在すると気付く、音楽なども説明がなくても美しいと感じるメロディーラインがある。

 

しかし美術品や工芸品となると、おやっと思うことが多いのではないか。肩書きを見て無理やり納得する人が多いと思われる、私など「なぜこれが国宝?」と首をかしげることもある。

 

 

古代ギリシャ人は絶対美を求めて石膏で彫刻を作り、その完成形の一つが「ミロのビーナス」であり、彼らは哲学的、論理的に人体の美学を追い求めてきた民族である。

 

その視点でいうと日本人は自然美を絵画的、文学的に追求した民族ではなかろうか、移ろう四季の美しい瞬間を筆や言葉で表現しようと多くの先人達は努めてきた。

 

もっとも江戸時代には美人画が流行したが、あれは今で言う「美人コンテスト」のようなもので哲学的でも論理的でもない。なんの先入観もなく「心地良い」と感じた物が、その人にとって美であり、それを素直に認めることが美を見極める力となる。

 

普遍的で絶対的な美など存在しないと思っている。さらに言えば「伊藤若冲」の絵を見て心地良いと私は感じたことはない。

 

 

>>お問い合わせはコチラ

憧れの齋藤さん

自分から話すのはおかしな話だが初めてお会いする女性と名刺交換をする際に相手の方から「あの、憧れの齋藤さん?」言われることが度々ある。

 

どこからそんな風評が出て来たのか見当がつかないが、いつの間にか憧れの店になってしまった。気恥ずかしくて穴があったら入りたいような気持ちになる。

「憧れ」で思い出すのが私の学生時代、オーディオ(音響機器)に凝っていた時のことである。当時私の憧れはアメリカ製「マッキントッシュ」社製のステレオ アンプであった。当時、秋葉原にあったヤマギワ電気の確か4階だったと思うが一段高い場所で客の手の届かない場所に鎮座ましましていた。

 

当時大卒の初任給が5万円ほどだったと思うがアンプ1台30万円、しかも2台必要だから60万円という高嶺の花、正に私の「憧れ」的存在であった。

 

もしかしたら、その高嶺の花が「憧れの齋藤さん」に繋がっているなら企業としての「ぎをん齋藤」は成功なのか、それとも失敗なのか?

 

いずれにせよ「憧れ」などの敬称を受けるのは名誉なことであり名に恥じぬ言動と物作りへの精進が肝要である。

 

>>お問い合わせはコチラ

撤退

楽天バーチャルショップから今季限りで撤退することした。原因は人手不足である。

 

もう7~8年にはなるだろうかネットビジネスに興味があったので社員1名を、その職務に就けていたが退職、以後代わりの社員に穴埋めさせていたが男子社員では和装小物の製作は難しく、かといって最近の求人難で目ぼしい適任者も見つからず、止む無く撤退を決めたわけである。

 

 

もっともこの決定の前提には前述のネット社会への限界感が根底にあるのだが、ホームページの掲載は会社として守るべき最低のマナーだと考えるので引き続き改善していくつもりである。

 

楽天ショップを導線として和装小物だけではなく、きものや帯のお客様になっていただいた方も多く、この場をお借りして永らくのご愛顧に感謝申し上げたい。

 

今後は「ぎをん齋藤」のホームページを通してのご交誼をお願いします。

>>お問い合わせはコチラ

聖観音立像

友人の陶芸家に依頼して作ってもらった陶仏の観音さまがようやく我家の坪庭に鎮座した。

 

友人は高校のクラスメートで清水六兵衛窯で長らく修行しただけあって腕は間違いない。抹茶茶碗や水指など茶陶を多く作ってきたが近年、陶仏や宝塔などを製作していたので観音さまの製作を依頼していた。

 

 

この作品は信楽の土を用い、穴窯で焼いたもので高さは40cm程で光背には墨色の灰が掛かり自然な景色を生み出している。特にお顔がガンダーラ仏を想わせる西洋的美人なところがとても気に入っている。

 

次は敷き詰めた白砂利を取り除き、苔に敷き変えれば一つの小さな宇宙が完成する。

 

 

>>お問い合わせはコチラ

ネット世界の限界

最近、インターネットに対して明るい未来を想像できない。これは私の「勘」で何の確証もない漠然としたイメージである。

 

インターネットサービスが始まった時代には素晴らしい可能性、バラ色の未来が溢れていた。世界中の人に簡単に手紙が送れ、世界中の物がすぐに手に入る。まさに流通革命であり通信革命である。

 

 

しかし最近はどうだろう、ウイルス、サイバー攻撃、フェイクニュース、出会い系サイト、薬物の通販など悪用が目につく。

 

手軽にコストを掛けずに情報発信できる自由が無責任に乱用されている。薔薇色に見えたネット世界が泥沼化した。これも人間の性のなせるものとすれば清濁をさらけ出した様相は人の地金がむき出しなったような世界である。

 

一昔前は見たくないものは見ないで済んだが、ネットが一般化したせいで見たくないものまで見せられてしまう。特に精神的に未熟な子供達に強い刺激を与えて良いとは思えない。

 

一方ネットに規制をかければ言論、表現の自由の侵害となってこれも問題である。

 

要するに世相は以前とは格段にシビアでストレスの多い局面を迎えている。美しい音楽や美術品を観て心を癒す必要が高まって当然だ。

 

 

>>お問い合わせはコチラ